外出先のホテルのTVでも使えるAmazon fireTV stickを買ってみた。


IMG_8619

外出先のホテルでもTVストリーミングを使えるかとおもって、Amazon fireTV stickを購入してみた。

コンパクトで本体よりもリモコンが大きい。

IMG_8617

 

付属品はこんな感じで、本体、無線リモコン、HDMIの延長ケーブル、USBケーブル、単4電池。

IMG_8616

 

すぐにリモコンに電池入れるとすぐに認証されると、アカウント名が表示される。ステキ。

IMG_8607

 

初期登録について

開封してからUIが表示されるまでは説明書はみなくても簡単に初期登録可能。

操作感について

「最近見た商品」を選択しようとすると、他はブラックアウトし、「最近見た商品」の横一列の中で選択し、再生されるものであれば再生できるし、シリーズものであれば同じように階層を掘るような感じになっている。というか、プレステのサクサク感、Apple TVのスワイプのサクサク感と比べると、FireTVのリモコンはかなり硬めのボタンなので、リモコンのボタンを押して、その後起こるアニメーションが操作を遅延させているような気がして、もう少し工夫が欲しいと感じた。

ウォッチリストについて

コンテンツで気に入ったものをウォッチリストに追加したとしても、左側のグローバルメニュー(ホーム→プライプ・ビデオ→映画→TV番組→ウオッチリスト)から選択し直さないといけないが、ウォッチリストへの動線が遠すぎる。

UIの構成について

iPad(Amazon Video)とだいぶ変えたUIにしているが、netflixなんかは、FireTV内のnetflixアプリとiPadのnetflixアプリはほぼ同じ操作感で使えるようにしてあるので、デバイスを超えてユーザーの学習障壁は低いのだけれど、わざわざFireTVとiPadのAmazon Videoと構成を変えた理由はFireTVの方がゲームやAppが追加されているから、こういう構成にしたのだろうか。コンテンツの一覧に入ると横一列のナビゲーションになり、面積をうまく使うのであればタイリングのUIを採用した方が良いと思う。

IMG_8612

 

スクリーンショット 2015-11-26 2.26.32

アマゾンのリモコンアプリもある。

こちらだと音声認証もつかえる。薄いグレーの部分を左右上下にフリックできる。

IMG_8615

スクリーンショット 2015-11-26 2.29.02

Apple TVと比較すると、fireTVは1/5の値段なので、比較するのはかわいそうな気もする。値段相応という感じで満足。

外出時にホテルで何時間もつづけて見るということはないだろうから、コンパクトなfireTVをちょいと持っていき、外出先でも簡単にTVストリーミング環境が作れるのは良いのかもしれない

追記:家でもテレビ直付けで入力切り替えで、リモコンを押すとすぐに起動するし(赤外線リモコンではないのでテレビに向けなくてもいい)、ホテルでもTVにFire TV Stickを差して、騒ぐ子どもたちがいつも通り静かになり満足です。


お問い合わせ



キサカタ合同会社では、スタートアップ、IT会社を中心にモバイルアプリのデザイン、Webのデザインを受託しております。下記フォームから、ぜひご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



スポンサードリンク