iTunes ConnectのAppビデオプレビューを作る方法


スクリーンショット 2014-10-04 1.34.41動画のサイズ変換は3,000円購入で解決!iTunes ConnectのAppビデオプレビューをお手軽につくる方法をご紹介。

 

 

 

 

 

Yosemiteでアプリの画面を動画キャプチャー出来たのは、良いが、iPhone6(1334×750), iPhone6 Plus(1920×1080)のどちらかしか端末を持っていない場合、もう片方のサイズの動画の作成と、フレームレートのエラーが頻発し、戸惑ったので、メモ。

動画のサイズ変換は、QuickTime 7 Proの3,000円購入で解決!

任意の動画サイズで、書き出しが可能!1920×1080の動画をキャプチャー出来ていたので、QuickTime 7 ProでiPhone6の1334×750の動画をリサイズしました。

 

スクリーンショット 2014-10-04 1.34.41

 

QuickTime 7 Pro 登録キーの登録方法 http://support.apple.com/kb/HT2240?viewlocale=ja_JP&locale=en_US

1. もとにする動画ファイル(mov)を読み込む

2. ファイルから書き出しを選び、書き出しのオプションから下記のような設定にする。

ハマりポイント↓

※ Yosemiteでキャプチャーされる動画は57.79fpsで、30fpsに落とさないといけない。  

http://qiita.com/Apuruny/items/e9445dc3bdd398b12085

3. movの書き出しが完了したら、iTunesConnectでアップロードする。

 

スクリーンショット 2014-10-04 1.33.50

アップ可能な動画の仕様は、ここページのApp Preview Specifications項で、下記のように確認出来る。

スクリーンショット 2014-10-04 1.47.49


お問い合わせ



キサカタ合同会社では、スタートアップ、IT会社を中心にモバイルアプリのデザイン、Webのデザインを受託しております。下記フォームから、ぜひご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



スポンサードリンク