minne技術カンファレンス・UI/UXの取り組み


IMG_7837minne技術カンファレンス・UI/UXの取り組みを聞いてきました。

 

 

 

minne UI/UX顧問 深津さんプレゼン概要

・minnneアプリ現状

スマホアプリ:9月で300万DL
iOS,Androidで開発者4,5名ずつ

・UIとUXの違いについて

UX:minneにまつわるあらゆる体験
  • 予想的UX:minneって楽しいよね
  • 一時的UX:アプリを触っている間
  • エピソードUX:作家から商品が届く
  • (累積的UX):プレゼンでは登場していなかったが、この辺り参照
UI:UXを届けるためのもの

・ユーザーを知る

人と人をつなぐサービスなので、人のつながりを理解する為に、ユーザーとのお茶会をやっている。作品の持ち寄り、作家同士の意見交換や、サービスのフィードバックをもらう

・ユーザーテスト

UI Scopeを使って、ビデオ録画をみんなでみて「気づき」をポストイットに書き出す。
ユーザーペルソナ:作家、購入者で両方作る。ユーザー像が、沢山いる関係者内でブレないようにペルソナを作る
機能提案シートを使って、ユーザーの利益はなんだろうを論理的に説明出来るシートを作っている

・具体的なUX事例

「カテゴリーをふやしてほしいリクエストが来た」
リクエストをそのまま実装するのをNGと判断 → 裏に隠れている要望をアプリ出した
 → 商品に出会えていないと判断  → 出会える動線をつくる方向に
  • 競合のアプリ、その他のスマホアプリの動線を調査
  • 機能のプライオリティをマッピングする2x2で整理
  • 結果タブバーを採用して、出会いの導線を設計
  • タブバーのUIデザインのバージョンをつくり検証

・UXワークショップの頻度

ワークショップは、深津さんがファシリテートする
2週間に一度くらい、1ヶ月に一度大きいワークショップ

・ココイチ

ユーザーの意見・リクエストはそのまま取り入れない → その裏にあるものを深掘りする

・質疑

質問者:デザインの決定プロセスは?

深津さん:メンバー内の合意形成ですすめている


お問い合わせ



キサカタ合同会社では、スタートアップ、IT会社を中心にモバイルアプリのデザイン、Webのデザインを受託しております。下記フォームから、ぜひご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文



スポンサードリンク